【コラム】外壁打診調査士資格認定講座・東京5期を開催しました

外壁打診調査協会 理事の和田 裕です。

先月9月10日11日、東京で5期目となる、外壁打診調査士、
上級外壁打診調査士の資格認定講座を開催しました。

今回の募集は早い時期に満席となったのですが、その後キャンセルと
「駆け込みの申し込み」が、ほぼ同時に発生したんですよね。

結局のところ、予定通り満席での開催となりました。

 

今回は関西や四国、九州そして沖縄などの遠方から、熱心な受講生の
参加がありました。

そして、初の女性調査士も誕生となりました。
ますます打診事業に従事する人の幅が広くなったように思います。

今振り返りますと、今回の講座開催は当協会の活動にとって、
今後の展開に期待を持てる機会となったように思います。

現在のところ、講座開催は東京のみか、最小開催人数を確保頂いた
場合の出張開催と限定させていただいています。

たまに遠方から地方開催の希望をいただくのですが、
人数が集まらずに開催に至らないケースもあります。

なので、なかなか地方に調査士さんが増えず、全国に調査士さんの
ネットワークを広げたい協会としてはジレンマがありました。

建築基準法改正は全国規模で行われます。12条の定期報告制度
改正も、各地方でそれぞれの受け止め方がなされ、地元の建築士さん
がそれぞれ工夫して対応なさっているのだと思います。

我々の実感として、東京でもまだ、ロープアクセスによる打診調査が
コスト面で足場工法を凌駕し、赤外線調査に比肩しうるという情報は
少数の人にしか知られていないと感じます。

地方ではさらに、知名度がないところが多い気がしていました。

今回は地方から多くの参加があり、それぞれの調査士さんが地元で
活躍していくことで、ロープブランコによる打診調査の優位性が、
認知されるスピードが加速していけばいいなあと考えております。

 

ところで、全国にユニークな調査士さんが増えていっていますが、
個人の意思で受講される方と、会社の代表者の方に勧められて
受講される方がいらっしゃいます。

前者は、自己の技能アップのため受講されるので理解しやすいですが、
後者について、思うところがありますので、次回にシェアさせて
頂きます(つづく)。

2016-10-27 | Posted in News&Columns, ブログ, 新着情報

関連記事

  • 資格について〜外壁打診調査士、外壁打診調査認定事業者等の資格認定事業を行っています〜
  • 外壁調査や工事をお考えのお客様へ〜当協会では外壁調査に関するお問い合せ、調査見積書作成等を承っております。〜