外壁打診調査士と認定業者

【コラム】地方での外壁打診調査

先日、東京から外壁打診調査認定事業者と外壁打診調査士が地方出張し、
山梨県甲府市にて、特殊建築物の外壁打診調査を行いました。

当協会お勧め、ロープブランコ技術を駆使する外壁打診調査チームも
同行し、数日かけて建物の調査をしてきた模様です。

本来、地方での物件は、地元の業者さんに受注して頂きたいところなのですが、
現状、まだ外壁打診調査士が全国展開できていないこともあり、
予算とタイミングが合う場合は、東京から調査士さんが出向いております。

 

とはいえ、当協会のスタンスとして、東京の調査士さんが全国行脚することを
推奨しているわけではありません。

長距離移動や宿泊を伴う地方出張には、予備日の設定が難しくなるなど、
リスクも大きいからです。

調査士さんが地方出張するメリットとしては、地方の方にもロープブランコによる
外壁打診調査の優れているところを、理解して頂けること。

認知度が広がることで、将来的には地元の業者さんにも、
仕事の機会やチャンスが広がることになりますからね。

 

ですが。。。

 

上にも書きましたように、協会のスタッフは、

「できれば、地方の案件は、地元の調査士さんに受注して頂きたい」

と、強く願っております(笑)。

 

2月20日(土)と21日(日)に、東京開催にはなりますが、
「外壁打診調査士・上級外壁打診調査士資格認定講座」、
「外壁打診認定事業者認定講座」が開催されます(講座のページはこちら)。

 

既に、熱心な方から講座への申し込みを頂いておりますが、

「地元で、初『外壁打診調査士』になって、
ガンガン外壁打診調査の仕事を受注したい!」

という意欲のあふれる、地方からの参加希望者をお待ちしております。

 

今回の募集は、2月5日(金)に締め切りますので、
お早めにお申し込みください。

 

【コラム】セミナー受講の感想(その1)

外壁打診調査協会・理事の和田です。

これまで、資格講座やセミナーの内容について、当ホームページでは、
主催者側の立場で皆さんに報告してきました。

嘘や誇張はないのですが、運営側の立場オンリーで書いてあると、
見る側からすれば「怪しい」と感じるのも事実。

というわけで、新年早々にはなりますが、これまでに頂いた
セミナー受講生の感想の、一部をここで紹介したいと思います。

 

「外壁打診調査の価値や必要性、今後の伸びしろなど、打診の実務的なことに
ついても学ぶことが出来ました」(東京都 H.Kさん)

H.Kさんありがとうございます。
当協会でお伝えしている外壁打診調査の知識は、即実務に結びつく内容に
なっている上、常に動いている業界の動向の逐次追加しています。
新しい知恵は、きっとお仕事に生きて来ると思います。

 

「新しい事業を模索していたところ、これはチャンス!と考え参加しました」
(東京都 T.Kさん)

T.Kさん、早速参加頂いてありがとうございます。
T.Kさんのように、ロープ高所作業を行っている方にとっては、打診事業参入は
さほどハードルの高くないものと考えます。とはいえ、実際に飛び込むのは
勇気がいること。思ったことを実際行動されたのは素晴らしいです。

 

「色々な人と出会えて、新しい発想が生まれました」
(埼玉県 S.Sさん)

S.Sさんありがとうございます。
セミナーの良いところは、普段仕事で付き合っている人とは別の、

業界関係者に出会えることです。
セミナーで出会った人と協力して業務を行うことも、よく聞く話ですので、
出会いの場としてもセミナーはチャンスの機会となりますね。

 

「打診業務の、見積方法についての解説があって助かりました」
(東京都 T.Sさん)

T.Sさんありがとうございます。
見積書作成は大事な作業ですが、色んな要素があって迷いますからね。
協会の提示する方法をベースに、御社の視点で修正を加えていくと
間違いがないと思います。

 

「定期報告制度を取り巻く動向や、詳細を知ることができ、活用できる要素を
模索する糧となりました。何より、ソフトによる簡略化は素晴らしすぎる!」
(東京都 K.Sさん)

K.Sさんありがとうございます。
打診調査業務は、他の業務に比べ、事務作業がどうしても増加しがちです。
業界共通の悩みだと思うので、当協会では報告書作成専用ソフトウェアを
開発し、手間の大幅カットを試みました。
おかげさまで好評を頂いております。

 

と、まずは頂いた感想の一部をご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
講座に興味を持って頂けたら、まずは1月22日(金)開催、
「打診調査事業・資格説明会」にぜひご参加下さい。

 

1月は都合が合わなくて、、、という方、
2月20日(土)・2月21日(日)
「第4期:外壁打診調査士資格認定講座・外壁打診調査事業者認定講座」
に直接お申し込み頂いても結構です。

よろしくご検討下さい。

 

セミナー内容深化の手応え

協会理事の和田です。

9月5日・6日に外壁打診調査事業者認定と、外壁打診調査士資格
認定のセミナーを開催しました。

毎回、セミナーでは運営側にも様々な気づきがあるものですが、
今回も幾つかの気づきがありました。今回の記事では、2点のテーマに
絞って、お話ししたいと思います。

ひとつは、「セミナー内容深化の手応え」であり、もうひとつは、
「打診業務の多様性と協会のスタンス」です。

まずは、「セミナー内容深化の手応え」から。

 

今回の開催で「第3期」となりますが、毎回少しずつ改良を加え、
よりわかりやすいように、こちらが伝えていることを実感しやすい
ようにセミナー内容をブラッシュアップしてきました。

外壁打診調査業界は、まだ立ち上がりから日が浅いがゆえに、
法整備や業務環境が、目まぐるしく変化し続けています。

そのため、ここ半年から一年の間に起きた変化に関しては、
セミナー内容に盛り込む必要があるのは、協会として当然のこと。

それに加え、テキストの内容のうち、外壁の劣化に関連する部分、
打診業務の具体的なノウハウ部分の強化も、かねてからの課題として
盛り込みました。

また、報告書作成業務についても、協会が推奨している仕様を
紹介するだけではなく、なぜ、その内容が必要なのか、どんな経緯で
現在の仕様に至ったのかも詳しく説明しました。そして、報告書作成
ソフトについても、実際にパソコン上での操作を、希望者全員に
体験してもらいました。

講座のテキストの内容は、二日で語るには情報量が多いため、
メリハリを付けて説明することが求められます。限られた時間内で、
ただ聞き流すだけではなく、より実感を伴った理解がなされるよう、
協会内で議論を重ねた結果、今回の改定が行われました。

「受講生の実感を伴う理解」がテーマであった改定であるだけに、
受講生側の反応が気になりましたが、感想を見る限り、ポジティブな
フィードバックが多くてホッとしました。

セミナーを「単なる知識の押しつけ」で終わらせたくない、のが
講師の心情です。今後もセミナー内容を深化させ、受講生の理解度を
高める努力を継続していきたいと考えています。

次回に続きます。

 

東京で「ロープブランコによる外壁打診事業セミナー」開催しました

7月25日、東京にて当協会主催のセミナーを開催しました。

酷暑の中、定員を上回る受講生の方にお集まり頂きました。
熱心に聴講下さった皆さん、本当にありがとうございました。

今回はセミナー内容を一部刷新し、よりわかりやすい説明をするよう
心がけたのと、来年に予定されている建築基準法改正の内容説明を
盛り込みました。

P1060028

 

質疑応答の時間も盛り上がりましたが、当方としては
幾つかの質問に対する回答が、必ずしも十分でなかったように
後で感じられました。そこが、今回の反省点でしたね。

また、既に外壁打診事業に取り組んでいる受講生の方から、
こんな言葉を頂きました。

「外壁打診事業、潜在需要が一斉に立ち上がったら、
本当に(仕事をこなしきれず)大変なことになりますよ。

うちも自前主義を捨てて、他社と情報交換をしようと思いました。
これから一緒に頑張りましょう!」

たいへん励みになる言葉です。

やはりこの事業、各社が丁寧に需要を掘り起こしていけば、
それなりのリターンもあり、非常に大きな市場に成長する可能性を
秘めています。

ぜひ、一緒に外壁打診事業を盛り上げていきましょう!

 

ロープブランコによる外壁打診事業セミナー開催のお知らせ

bil0135-006のコピー

 

外壁打診調査協会理事の和田です。
今後の、外壁打診事業セミナーの予定をお知らせします。

7月25日(土)の午後に、東京都内の会議室にて
「ロープブランコによる外壁打診事業セミナー」を開催します。

現在、申し込み用のページを準備中ですが、
まずは当HPをご覧の皆様に、前もってお知らせさせて
頂きました。

打診事業に興味をお持ちの方は、予定を空けておいて
頂けますと幸いです。

 

外壁打診事業セミナーin大阪 開催しました

協会理事の和田です。
先週末、大阪にて外壁打診事業セミナーを開催しました。

時間を分けて計2回の開催だったのですが、皆さん真剣に話を
聞いて下さいました。本当にありがとうございました!

受講者数の多い方の回では時間が押し気味だったこともあり、
Q&Aタイムの盛り上がりがイマイチでしたが、

人数が少ない方の回では、セミナー開始前から質問が飛び交い、
最後の質疑応答の後、和やかな雰囲気で解散、となりました。

今回の関西出張の機会に、各関係省庁をヒアリングして回り、
様々な有益な情報を得ることが出来ました。

その中で確信したのは、


①東京と同じく関西でも、定期報告制度の提出義務は大差なく、
  今後ますます提出の圧力が強まっていく
 

②関西では、まだロープブランコによる外壁打診調査の知名度が低く、
 きちんとその価値を伝えていけば急成長を遂げる可能性がある

の2点ですね。

代表理事の吉川がセミナーでお話しさせて頂きましたが、
現在の、関西でのロープ打診の普及度合い、知名度の低さは、

4年前吉川が東京で打診事業を始める前の雰囲気に酷似している
そうです。

これから、関西でのロープ打診事業の需要は増加していくものと
考えられますが、その一助となるよう、当協会でもロープ打診調査に
ついて、協会ならではの情報を発信していきたいと考えています。

皆様、時々このホームページを見に来て下さいね。

また、トップページよりメールマガジンの購読もできますので、
こちらもお申し込み下さい。

 

5月23日 外壁打診事業セミナーin大阪 開催決定!

大阪プレセミナーバナー

 

 

大阪にて「ロープブランコによる外壁打診事業セミナー」
開催が決定しました!

2015年5月23日(土)

① 13:30~15:30(定員15名)
② 18:15~20:15(定員15名)

(同内容のセミナーを2回開催いたしますので、
ご都合の合う時間をお選びください)

詳細はセミナーのコーナーをご覧ください。
ご縁のある方の参加を、心よりお待ちしております。

 

第二期「外壁打診調査事業認定講座・調査士認定講座」が開催されました

2015年1月24日25日 第二期「外壁打診調査事業認定講座・調査士認定講座」が
開催されました。

2015年2月1日 新規「事業認定」 2社 新規「調査士」16名 誕生致しました。

IMG_0029

 

2014.11月外壁打診調査事業セミナー開催!!

開催予定

平成26年11月28日(金)18:30-20:30

平成26年11月29日(土)13:30-15:30

 

詳しくはセミナーのコーナーでご覧ください。

 

外壁打診調査士10名誕生しました!

2014.8月30.31の2日間 と9月27.28の2日間の第一期認定資格講座で外壁打診調査士

10名が誕生しました。

最新の会員一覧はこちらです。

P1050379

 

  • 資格について〜外壁打診調査士、外壁打診調査認定事業者等の資格認定事業を行っています〜
  • 外壁調査や工事をお考えのお客様へ〜当協会では外壁調査に関するお問い合せ、調査見積書作成等を承っております。〜