【コラム】地方での外壁打診調査

先日、東京から外壁打診調査認定事業者と外壁打診調査士が地方出張し、
山梨県甲府市にて、特殊建築物の外壁打診調査を行いました。

当協会お勧め、ロープブランコ技術を駆使する外壁打診調査チームも
同行し、数日かけて建物の調査をしてきた模様です。

本来、地方での物件は、地元の業者さんに受注して頂きたいところなのですが、
現状、まだ外壁打診調査士が全国展開できていないこともあり、
予算とタイミングが合う場合は、東京から調査士さんが出向いております。

 

とはいえ、当協会のスタンスとして、東京の調査士さんが全国行脚することを
推奨しているわけではありません。

長距離移動や宿泊を伴う地方出張には、予備日の設定が難しくなるなど、
リスクも大きいからです。

調査士さんが地方出張するメリットとしては、地方の方にもロープブランコによる
外壁打診調査の優れているところを、理解して頂けること。

認知度が広がることで、将来的には地元の業者さんにも、
仕事の機会やチャンスが広がることになりますからね。

 

ですが。。。

 

上にも書きましたように、協会のスタッフは、

「できれば、地方の案件は、地元の調査士さんに受注して頂きたい」

と、強く願っております(笑)。

 

2月20日(土)と21日(日)に、東京開催にはなりますが、
「外壁打診調査士・上級外壁打診調査士資格認定講座」、
「外壁打診認定事業者認定講座」が開催されます(講座のページはこちら)。

 

既に、熱心な方から講座への申し込みを頂いておりますが、

「地元で、初『外壁打診調査士』になって、
ガンガン外壁打診調査の仕事を受注したい!」

という意欲のあふれる、地方からの参加希望者をお待ちしております。

 

今回の募集は、2月5日(金)に締め切りますので、
お早めにお申し込みください。

関連記事

  • 資格について〜外壁打診調査士、外壁打診調査認定事業者等の資格認定事業を行っています〜
  • 外壁調査や工事をお考えのお客様へ〜当協会では外壁調査に関するお問い合せ、調査見積書作成等を承っております。〜