ロープ高所作業を行う皆様へ

ロープ高所作業を行う皆様へ-労働安全規則が改正され、「特別教育」の受講が必須になりました

ご存知ですか?

法面保護工事やビルのガラス清掃などで行われるロープ高所作業での墜落防止対策が新たに法令化されました。

労働安全衛生規則の一部を改正する省令等が平成27年8月5日に公布され、平成28年1月1日に施行され、
その内、安全衛生特別教育規程 の一部改正については、平成28年7月1日より適用となります。

これにより、平成28年7月1日以降について、ロープ高所作業者は下記内容の「特別教育」の受講が義務化されました。

教育内容 時間数
学科
  1. ロープ高所作業に関する知識(1時間)
  2. メインロープ等に関する知識(1時間)
  3. 労働災害の防止に関する知識(1時間)
  4. 関係法令(1時間)
4時間
実技
  1. ロープ高所作業方法、墜落による労働災害の防止措置、
    安全帯、保護帽の取り扱い(2時間)
  2. メインロープ等の点検(1時間)
3時間
(学科+実技) 合計時間 7時間

労働安全規則等の改正の詳細については、厚生労働省のホームページを参照下さい。

労働安全衛生規則及び安全衛生特別教育規程の改正について

リーフレット(PDF)

「特別教育」の受講には厚生労働省指定機関への申し込みが必要となります。
申し込み等の詳細は全国ガラス外装クリーニング協会各支部へお問い合わせください。

一般社団法人東京ガラス外装クリーニング協会

  • 資格について〜外壁打診調査士、外壁打診調査認定事業者等の資格認定事業を行っています〜
  • ロープ高所作業を行う皆様へ〜労働安全規則が改正され、「特別教育」の受講が必須になりました。〜