ブログ

【コラム】定期報告制度が充実しても、外壁落下事故は起こります

外壁打診調査協会 理事の和田 裕です。

先日、友人から、こんなメッセージが届きました。

「突然ですが質問。
近所のマンション、通りかかかったらタイルが落ちてきた。
見上げると、柱と梁の接合部?からタイルが剥がれてる。
これって危なくないのかな?
写真も送るね~。」

送られてきたのが、この写真です。

 

タイル落下

 

危なくないのかな???
どころではなく、お前が大変危ない目に遭っているではないか!
と思わず遠隔ではありますが大声で突っ込んでしまいました(笑)

この建物、築年数はごく浅いようです。

友人によると、十年どころか五年も経っていないのではないか、
とのことでした。

経年劣化より、施工不良が疑われる案件です。
私の知人の周囲でこのような事故が起き(しかもその瞬間!)、
その確率を考えると、外壁の落下事故は、全国レベルで
頻繁に起こっているのではないかと感じました。

 

セミナーの準備のたび、定期的に外壁の落下事故を調べている
のですが、今回も興味深い資料が見つかりました。

次回に続きます。

 

【コラム】「社員に、外壁打診調査士資格を取らせたい」の意味

前コラムの続きです。

 

9月に開催された講座では、会社の代表者の方に勧められ、
外壁打診調査士資格を取得された方が何人かいらっしゃいました。

その方達は、打診調査についてはベテランの域に達しており、
講座のうち、技術面に関しては既知の内容も多かったはずです。

今回の受講により、建築法規や建築構造の内容も踏まえて、総合的に
打診調査の知識を深めて頂いたのですが、上司のすすめがあったとは
いえ、既に知っていることを改めて外部の講座で学ぶことに、抵抗も
あったと思うのです。

彼らの上司の方に、なぜ、部下に外壁打診調査士の受講を
すすめたのか、理由を聞いてみました。
彼は、こう答えてくれました。

 

「うちの社員に、誇りを持って打診調査に取り組んで欲しい。

意義ある仕事をしているんだ、という自覚を持たせたいのです」

 

それを聞いて、当協会の活動目的が、打診調査業務の技術研鑽だけ
でなく、打診調査の価値を広めることにもあったことを、私自身が
改めて実感したのです。

 

技術者には、自分に出来ることは「当たり前のこと」で、さほど
大きな価値がない、と考える傾向があります。

そんな考えに囚われて仕事をしていると、技術面でも報酬面でも、
プライドを感じながら仕事に臨めず、モチベーションが
上がらなくなってしまいます。

 

外壁打診調査も、都市の安全を守る大切な仕事であるにも関わらず、
調査の技能を有する技術者たちが、自分の技術の価値を過小評価
しかねないような状況が、長く続いていました。

建築物の改修工事業者の中には、打診調査は改修工事に付随する
無料のサービスと位置づけている会社もありますからね。

 

しかし建築基準法の12条で、10年に1回、外壁の全面調査が
求められている現在、その考えには無理が生じています。

10年毎、打診調査のたびにお客さんに、改修工事を勧めるわけには
いきません。無理な営業をするとお客さんの信頼を失い、取引先が
離れてしまいます。

ですから、外壁打診調査は有料のサービスとして行い、調査の
技術者は、プライドと責任感を持って調査に臨むべきなのです。

 

外壁打診調査士認定講座は、外壁打診調査の分野に特化しており、
法体系、構造的な知識、調査業務の円滑化について一括して
体系的に学べる、日本で唯一の資格講座です。

有資格者の方には、街の安全を守る存在としての自負心を持って
活躍して頂きたいと考えております。

2016-11-01 | Posted in News&Columns, ブログ, 新着情報

 

【コラム】外壁打診調査士資格認定講座・東京5期を開催しました

外壁打診調査協会 理事の和田 裕です。

先月9月10日11日、東京で5期目となる、外壁打診調査士、
上級外壁打診調査士の資格認定講座を開催しました。

今回の募集は早い時期に満席となったのですが、その後キャンセルと
「駆け込みの申し込み」が、ほぼ同時に発生したんですよね。

結局のところ、予定通り満席での開催となりました。

 

今回は関西や四国、九州そして沖縄などの遠方から、熱心な受講生の
参加がありました。

そして、初の女性調査士も誕生となりました。
ますます打診事業に従事する人の幅が広くなったように思います。

今振り返りますと、今回の講座開催は当協会の活動にとって、
今後の展開に期待を持てる機会となったように思います。

現在のところ、講座開催は東京のみか、最小開催人数を確保頂いた
場合の出張開催と限定させていただいています。

たまに遠方から地方開催の希望をいただくのですが、
人数が集まらずに開催に至らないケースもあります。

なので、なかなか地方に調査士さんが増えず、全国に調査士さんの
ネットワークを広げたい協会としてはジレンマがありました。

建築基準法改正は全国規模で行われます。12条の定期報告制度
改正も、各地方でそれぞれの受け止め方がなされ、地元の建築士さん
がそれぞれ工夫して対応なさっているのだと思います。

我々の実感として、東京でもまだ、ロープアクセスによる打診調査が
コスト面で足場工法を凌駕し、赤外線調査に比肩しうるという情報は
少数の人にしか知られていないと感じます。

地方ではさらに、知名度がないところが多い気がしていました。

今回は地方から多くの参加があり、それぞれの調査士さんが地元で
活躍していくことで、ロープブランコによる打診調査の優位性が、
認知されるスピードが加速していけばいいなあと考えております。

 

ところで、全国にユニークな調査士さんが増えていっていますが、
個人の意思で受講される方と、会社の代表者の方に勧められて
受講される方がいらっしゃいます。

前者は、自己の技能アップのため受講されるので理解しやすいですが、
後者について、思うところがありますので、次回にシェアさせて
頂きます(つづく)。

2016-10-27 | Posted in News&Columns, ブログ, 新着情報

 

【コラム】建築基準法の改正を前向きに捉えましょう

外壁打診調査協会 理事の和田 裕です。

代表理事のあいさつにもありましたが、今年の6月、特殊建築物の
定期報告制度について謳っている、建築基準法第12条が改正されます。

変更内容は、定期報告をする義務のある特殊建築物の対象が増えることと、
いい加減な報告をした資格者への罰則が強化されることです。

たとえば、高齢者が寝泊まりする用途の施設について、これまでは
小規模な建物は報告対象ではありませんでした。

それが6月以降、2階建以上かつ300㎡以上の施設は、
全国一律で報告対象となります。

外壁打診調査事業を営む者にとっては、対象建物が増えることで
プラスと考えられますが、建物オーナーにとっては負担になるでしょう。

 

私は一級建築士ですので、これまで何度か、建築基準法改正後の変化を
体験してきました。

特に印象に残っているのは、10年前の、耐震偽装事件後の改正です。

何千人もの居住者の安全を脅かす事件であり、マスコミにも大きく
取り上げられた事件を受けての大改正だったため、建設業界へ与えた
影響は甚大なものがありました。

通常1ヶ月程度で降りていた申請許可に、一時的とはいえ数ヶ月以上の
時間がかかるようになり、建設業界の業務は滞りました。

厳格すぎる新規定が審査日数の長期化を起こし、住宅着工数が激減、
建設会社に留まらず、建材メーカーにも影響がおよび、倒産件数も増加、
「建基法不況」との言葉も生まれました。

社会的影響が大きな事件後の改正で、性急過ぎたためともいえますが、
私たち建築士、建設業界の人間は、「基準法改正」と聞きますと
苦い思いがこみ上げてくる人が多いと思います。

 

ただ、今回の改正は、10年前とは異なります。

既存建物の維持保全を目的とした基準法12条は、8年前に一度
強化されており、ざっくり言えば今回はその不備を補う意味合いが
強いようです。

決して性急な改正ではないので、大きな混乱も起きないでしょう。

建物オーナーにとっては、面倒な改正と思えるでしょうが、
「建物の安全性を定期的に見直し、行政も点検状況を把握してくれる」
機会と考え、安心感を得ることも可能ではないでしょうか。

もちろん、低コストで建物の調査を行う事業者にとっては、
ビジネスのチャンスが広がることにもなります。

ぜひ、今回の改正をポジティブに受け止めて欲しいと考えます。

建物オーナー様にも、「コスト面の負担」というネガティブな面と、
「定期的な建物の安全性確保」というポジティブな面をバランスよく
見据えて頂けると、ストレスが少ないのではないかと思われます。

 

ニーズ型ビジネスと、ウォンツ型ビジネス(その2)

前回、ビルメン業界は、定期的に必要なサービスを提供しているので、
ニーズ型の模範的なビジネス、と書きました。

ただ、ニーズ型ビジネスの悩みは、競合が多くなること。

ビルメン業界も例外ではなく、同業他社との価格競争で、業務単価の
ディスカウントが生じています。

またさらに問題なのは、昨今のデフレ傾向で、人々がビルメン業界の
サービスを必要とする頻度が減少傾向にあることです。

週に3回で契約していた清掃業務を、週2回に減らされる。
月に2回だったはずの点検業務が、月に1回でと言われて減額交渉。

安定したニーズ型ビジネスであるが故の、悩みとも言えます。

ニーズ型ビジネスで価格競争を避け、発展を続けるには?

それは、競合のないところで勝負することです。

競合の少ない分野に事業を広げるか、サービスの質を圧倒的に
向上させるか、のいずれかになります。

ここで、当協会がビルメン業界の新たなメニューに、と提案している
外壁打診事業の性質を見てみましょう。

外壁打診事業では、法律で「十年に一度は全面打診をする」ことが
定められています。打診のサービスは、十年に一回必要とされます。
デフレ下においても、法律の定めにより、その回数は変わりません。

また現在、ロープブランコによる外壁打診事業に積極的に取り組んでいる
業者は、まだまだ少ない状況です。安価な全面打診調査の方法として、
ブランコを利用する工法は圧倒的に優位にありますので、価格設定を
考える上でも、無理なディスカウントをする必要はありません。

外壁打診事業は、ニーズ型の事業としては件数が安定していますし、
これからも依頼はもっと増えるでしょう。価格の比較対象も、赤外線や
足場工法など別業界となりますので、業界内で角逐する必要が
ありません(同じ業界で価格競争するのは、避けたいですよね)。

ストレスなく、安心して事業に取り組むことが出来るという利点も
外壁打診事業にはあります。ポジティブな気持ちで仕事できる点も、
この事業の魅力ですので、興味のある方はぜひ取り組んでみて下さい。

2015-07-18 | Posted in News&Columns, ブログ, 外壁打診調査, 新着情報

 

ニーズ型ビジネスと、ウォンツ型ビジネス(その1)

外壁打診調査協会 理事の和田 裕です。

先日、とあるビジネスセミナーに参加してきました。
色々な業種のビジネスマンが集まるセミナーだったのですが、
顧客をどう集めるか、というマーケティングに関する内容が
充実していました。

その中で私が興味を持ったのが、セミナー講師の次の言葉でした。

「世の中には、ニーズ型ビジネスと、ウォンツ型ビジネスがある」
「自分のビジネスがどちらに該当するのかを分析し、それぞれの
ビジネスに合った形で、集客の戦略を練る必要がある」

ニーズ型(必要型)は、必要に迫られて買う商品を扱うものであり、
ウォンツ型(欲求型)は、なくても困らないが、人によっては非常に
欲しいというたぐいの商品(サービス)を扱うもの。

食べ物で言いますと、お米やパンを扱う商売はニーズ型、霜降り肉
など高級食材を扱う商売はウォンツ型の性質が強いです。

またクルマで言いますと、営業に必要なライトバンはニーズ型、
スピードやスタイルを楽しむオープンカーはウォンツ型です。

ここまで聞いていて、ビルメン業界のメニューは、ウォンツ型より
ニーズ型の性質の方が強いのではないかと思いました。

ビルやマンションをきれいに保つのに必要だから、ビル清掃の
需要が起こるわけで、より高級で特殊なサービスでない限り、
「是が非でも、○○社のサービスが欲しい」とはなりづらい。

また、そのセミナーの参加者には、独立志向の高いサラリーマンも
多く含まれていたので、こんな言葉も講師が言っていました。

「独立して新規事業に取り組むなら、ニーズ型の方が、ビジネスが
安定するまでの期間が、短く済みますよ。

ただし、世の中には同じことを考える人がたくさんいるので、
同業との競争も発生しやすい。低コスト化や、事業の多角化など
常に先を考えて行動する必要もあります。」

この言葉も、深く納得できました。

人に「欲しくてたまらない」と思わせるような商品を考えるのは大変
ですが、人が毎日、毎週、毎月必要なものを扱えば、買ってくれる人を
見つけさえすれば、商売が成り立ちます。

ビルメン業界は、定期的に必要とされる清掃サービスを提供している
のですから、ニーズ型の模範的なビジネスであると言えるでしょう。

気になるのは、後半の「同業との価格競争」です。

次回、外壁打診事業と絡めて、ニーズ型ビジネスの発展について考えます。
(7月18日更新予定)

2015-07-15 | Posted in News&Columns, ブログ, 外壁打診調査, 新着情報

 

大岡山は桜が満開です

外壁打診調査協会のオフィスは、東京都目黒区の大岡山にあります。
大岡山には大学のキャンパスがあり、今週は構内の桜並木が
見事な花を咲かせています。

 

P1050905 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通勤の途中、所々で桜を鑑賞でき、得した気分になります。

その他、大岡山はイチョウ並木も多く、秋になると紅葉がきれいですが、
どうやらここのイチョウ、「雌木」の割合が多めのようでして、
歩いていると相当、におうんです。

視覚より嗅覚に訴えてくるので、イチョウに恨みはないですが、
あまりポジティブな印象がありません。

ところで最近、セミナーの予定や内容などについて、協会のほうへ
問い合わせを頂くことがあります。

現在、今期の予定を組んでいる最中ですが、お問い合わせフォームに
メールアドレス等を登録頂ければ、日程が決まり次第、ご連絡させて
頂きます。

このサイトも、近々リニューアルし、メルマガによる情報発信も
スタートする予定ですので、外壁打診調査に興味のある方は、時々
当ホームページをのぞきに来て下さい。

2015-04-03 | Posted in News&Columns, ブログ, 新着情報

 

  • 資格について〜外壁打診調査士、外壁打診調査認定事業者等の資格認定事業を行っています〜
  • 外壁調査や工事をお考えのお客様へ〜当協会では外壁調査に関するお問い合せ、調査見積書作成等を承っております。〜